2010年03月19日

<新潟・十日町断層帯>西部の地震発生確率高まる(毎日新聞)

 国の地震調査委員会は18日、新潟県中越地方に分布する十日町断層帯の長期評価を発表した。前回評価(05年)と比べ、同断層帯西部(長さ約33キロ)の今後30年以内の地震発生確率が1%から3%以上に高まった。全国に108ある活断層の中で発生確率が高い上位約4分の1に入った。同断層東部(同19キロ)の発生確率には変更がない。

 見直し理由について、調査委は、最新の活動時期が約3100年前以前と判明するなど最新のデータが得られたため、と説明している。【石塚孝志】

【関連ニュース】
もんじゅ:地震での重大な影響なし 原子力保安院作業会合
記者の目:核燃施設周辺の「活断層」否定する原燃=後藤豪
もんじゅ:耐震性承認−−原子力保安院
原発:導入進むアジア 中国の検査官ら耐震研修に参加
備える:地震の基礎知識/2 活断層

文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
<雑記帳>地元産の材料使った白いカレー開発 石川・白山(毎日新聞)
名古屋高検検事に盗撮容疑=迷惑防止条例違反で捜査−愛知県警(時事通信)
「裁判官でも妥協せん」阿久根市長、広報紙に(読売新聞)
posted by さだおっち at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。