2010年03月02日

土浦市

霞ヶ浦土浦港から見た市街(2004年3月)土浦市(つちうらし)は、茨城県の南部に位置する市である。日本三大花火の一である土浦全国花火競技大会が毎年10月に開催される。隣接するつくば市及び牛久市とともに、業務核都市の指定を受けている。地理東京から約60km湖沼: 霞ヶ浦河川: 桜川・備前川山: 筑波山地隣接している市町村(霞ヶ浦を隔てて隣接している市町村を除く)牛久市つくば市かすみがうら市石岡市稲敷郡:阿見町 (「荒川沖」は阿見町と跨っている)人口「土浦」という地名の由来は、土屋藩の「土」と十一の「浦」の合成地名という説や、「津々浦々」からの転訛などの説がある。歴史沿革史料初見は、元徳元年 (1329年) 、「東寺百合文書」。室町時代に土浦城が築かれた。江戸時代初めの一時期は松平氏、朽木氏が入ったが、大部分の期間は土屋氏の城下であった。1786年の調査での人口は、3988人であった。水陸交通の要地であった土浦の商業は発展し、町の中には本陣・旅篭・問屋がおかれ、多くの商家が軒を連ね、水戸に次ぐ常陸国第二の都市として繁栄した。1896年には土浦?友部間、翌年には土浦?田端間で、現在の常磐線が開通した。第二次世界大戦前には、土浦海軍航空隊の基地があり、通称「予科練」(海軍飛行予科練習生)と呼ばれた海軍航空兵の教育機関があり、全国の青少年の憧れの的だった。1985年の国際科学技術博覧会(通称つくば万博)の開催により、インフラ整備が進む。近代史年表1889年(明治22年) 4月1日 - 町村制施行により、新治郡土浦町、眞鍋町、都和村、上大津村、信太郡中家村、東村および稲敷郡朝日村が設置される。 新治郡 土浦町 ← 土浦町真鍋町 ← 木田余村、真鍋村、殿里村藤沢村 ← 虫掛村,藤沢村,大畑村,上坂田村,下坂田村都和村 ← 常名村、小山崎村、今泉村、中貫村上大津村 ← 白鳥村、手野村、田村、沖宿村、菅谷村、神立村信太郡 中家村 ← 粕毛村、宍塚村、佐野子村、飯田村、矢作村、下高津村、中高津村、上高津村、小松村東村 ← 右籾村、摩利山新田、中村、中村西根村、永国村、大岩田村、小岩田村、烏山村、乙戸村稲敷郡 朝日村 ← 荒川沖村,沖新田,実穀村,吉原村,小池村,福田村,上長村,荒川本郷村1896年(明治29年) 3月29日 中家村、東村は新治郡に編入される。1937年(昭和12年)

ディズニー縫いぐるみ大人気 ネットで高値、「海賊版」出現(J-CASTニュース)
<国会>衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及(毎日新聞)
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ 厚労省部会で合意 (産経新聞)
神戸←→茨城 スカイマーク記念便“即日完売” 定期便に空港も期待(産経新聞)
病院と診療所の再診料、格差是正へ=10年度診療報酬改定で骨子−中医協(時事通信)
posted by さだおっち at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。