2010年04月27日

高速料金 首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」(毎日新聞)

 6月から導入する予定の高速道路の新たな上限料金制度を巡り22日、閣内の混乱が露呈した。政府・民主党が21日に新制度見直しを決定したことを受け、鳩山由紀夫首相は22日朝、記者団に「無料化の方向と矛盾しない形の中で(政府と民主党)双方が理解できる形で決着したい」と述べ見直しに意欲を示したが、その後、官邸を訪れた前原誠司国土交通相は、首相から「新制度を見直さない」ことについて了解を得たと記者団に明言した。米軍普天間飛行場の移設問題に続き、高速料金を巡っても政府・与党が迷走し始めた。

【上限料金制って?】高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

 前原氏は首相を訪ねた後、国交省内で記者団に対し、「公表した料金割引案は現時点では見直さない」と述べ、制度案の見直しを求める党側の意向には従わない姿勢を示した。前原氏は、鳩山首相と平野博文官房長官の双方から、料金を見直さないことについて「了解を得た」と語った。

 しかし、鳩山首相はこの日朝、値上げ幅の圧縮を目指す考えを示唆したばかり。21日の政府・民主党首脳会議で、同党の小沢一郎幹事長から新制度と衆院選マニフェストで掲げた高速道路無料化が矛盾する、と指摘されたのを受けたものだ。首相は22日朝、「国民の声を大事にされる党から見直した方がいいという話をいただいた。このままでは(国会の国土交通)委員会でもなかなか通らない」と述べ、「(党から)政府が引き取って見直すという発想になった」と説明していた。

 一方、平野官房長官は22日午前の記者会見で「一部修正はありうるかも分からないが、『はい分かりました、見直します』と、そんなバカなことはない」と述べ、新制度の見直しには慎重な姿勢を示すなど、首相との食い違いをみせていた。【寺田剛、青木純、横田愛】

【関連ニュース】
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
<高速道新料金>エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
<記者の目>高速道路「上限2000円」の新料金
<小沢氏の指摘で>高速料金:政府、上限制度見直しを検討へ
<党首討論の鳩山首相>普天間移設で混迷ぶり露呈

不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)
<高崎自然動物園>名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
中国艦艇、沖ノ鳥島近海居座る 政府“隠蔽” 中国に配慮?(産経新聞)
病気早期診断のバイオセンサー技術開発 富士通研究所(産経新聞)
沖縄通過の中国艦艇 沖ノ鳥島を1周 日本へ示威 反応探る(産経新聞)
posted by さだおっち at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

自民・小池氏が離党届提出(時事通信)

 自民党の小池正勝参院議員(58)=徳島選挙区=は19日夕、党本部で林幹雄筆頭副幹事長と会い、離党届を提出した。同党は今後、党紀委員会を開き、離党届の扱いを審査する。
 小池氏は同日午後、徳島県庁で行った記者会見で、夏の参院選徳島選挙区の候補を県連が公募で内定したことを「密室で候補者選定を行った」と批判していた。離党届提出後、記者団に「参院選に向けて頑張る」と述べ、同選挙区から出馬する考えを重ねて強調した。 

中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)
高速料金見直し、首相「国会で」…調整不足認める(読売新聞)
紹介男性は女自演の「組員」…「迷惑料」詐取容疑(読売新聞)
平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
posted by さだおっち at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催(医療介護CBニュース)

 がん患者の就労について考えるCSRプロジェクトは5月1日、東京都渋谷区のSPAZIO2で、セミナー「がんと一緒に働こう!〜治療を続けながら働くコツ〜」を開催する。

 CSRプロジェクトは、NPO法人のHOPEプロジェクトとキャンサーネットジャパンによる、がん罹患と就労問題の解決を目指す取り組み。
 セミナーでは、CSRプロジェクトの桜井なおみ代表が「CSRプロジェクトとは」のテーマで、また神戸大大学院経営学研究科の大学院生の瓜生原葉子さんが「働き続けられる社会に向けて」のテーマで、それぞれ基調講演を行う。さらに、財団法人日本対がん協会の関原健夫常務理事が「働き盛りのがん」と題して特別講演を行う。
 このほか、桜井氏が司会を務める「働き世代のがんを考える」をテーマにしたディスカッションのパネリストとして、獨協医科大公衆衛生学講座の高橋都准教授やHOPEプロジェクトの近藤明美理事、クレディセゾン人事部の武田雅子部長らが登壇する。


【関連記事】
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

<地震>新潟・胎内で震度4(毎日新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」(産経新聞)
民需拡大のため「宇宙庁」を=前原担当相に有識者ら提言(時事通信)
手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
posted by さだおっち at 03:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。